球体チョコの中から出てくるものは…?ピエール・エルメ青山店のサンサシオン アンフィニマン ショコラ(感動のチョコレート尽くし)

青山通りにあるピエール・エルメ。 先日、その二階にあるバー・ショコラに行ってきました!

こんにちは、チョコレート大好き、チョコレート愛好家のrinko(@chocolate_dys)です。
ピエール・エルメと言えばイスパハンマカロンのイメージが強いですが、チョコレートに力を入れているブランドでもあり、青山店の二階にあるバー・ショコラでは、様々なショコラのデセールが楽しめます。

「PIERRE HERMÉ PARIS」(ピエール・エルメ・パリ)について

パティスリー界のピカソと称されるピエール・エルメ氏がパリに本店を構える世界的なパティスリー。
アートのような美しいスイーツを次々と生み出しているお店です。
チョコレート好きな方の中には、チョコレート鑑定家のクロエ・ドゥートレ・ルーセル氏の「ラデュレ」時代のチョコレート部門のトップ、というイメージもあるかもしれませんね。

「PIERRE HERMÉ PARIS」(ピエール・エルメ・パリ)より

見るからにお菓子好きそうな彼の外見にはなんとなくほんわかしてしまいますが、創り出されるスイーツの数々はとても芸術的です!

では、エルメの世界を見ていきましょう。

オーダーはこんな感じ

このような電子メニューでタブレットから注文する…かと思いきや、メニューを見て店員さんに注文します…。

ちょっと見るのが難しかったです。紙かPDFのメニューがあるといいなぁ。

こちらは主にショコラのメニュー。
その他に一階で販売しているケーキも食べられます。

さて、どれにしようかと悩んでいると、店員さん(「アンバサダー ショコラ」かな?)がショコラの試食を持ってきてくださいます。

左から

  • マンジャリ64%
  • アラグアニ72%
  • ピエール エルメ レ 45%
  • カカオニブ入りダークチョコレート

いくつでも良いですよと言われましたが、さすがにちょっと遠慮して2種類を。

ピエール エルメ レ45%と、カカオニブ入りダークチョコレート。

マンジャリとアラグアニはヴァローナ、ほか2種類はエルメのオリジナルブレンドということでこの2種類に。

それぞれ、どのチョコレートがどのメニューに使われているのか説明してくださるので、好みの味わいのチョコレートを注文する参考にしましょう!

サンサシオン アンフィニマン ショコラ(感動のチョコレート尽くし)

シルバーのセッティングも優雅な雰囲気。

さて、なにを注文しようかなぁとかなり迷ったのですが、結局ずっと気になっていたサンサシオン アンフィニマン ショコラをオーダー。

球体チョコが溶ける様を動画に収めましたのでぜひご覧ください!

やはりこれは動画で見たいですね!

するすると溶けていく様がなんとも不思議で、じーっと見入ってしまいました。

中にはチョコレートのアイスチョコムース。そしてサクサクとした焼き菓子小さく砕いたダークチョコレートが入っています。

上からかけたチョコソースはほどよい塩気で、甘じょっぱさがなんとも良いアクセントです。

これだけ並ぶとばばーん!という感じ。

こちらは友人の頼んだクープ。とっても美味しそう。
次はこちらも食べてみたいです!

紅茶はイスパハンを。ローズの香りが程よく美味しかったです。
カフェオレボウルくらいあるかな?かなり大きなカップになみなみと入っています。

小菓子についてきたチョコレートのマドレーヌ。
カカオニブが入っていて、とても風味が良かったです!

まとめ

こちら、周りのチョコレートの球体もわりと大きいので、かなりのボリュームで食べ応えのある一皿でした。
ずっと食べたかったデセールが食べられて大満足!
優雅な午後のティータイムとなりました。

商品情報

商品名 サンサシオン アンフィニマン ショコラ
メーカー 「PIERRE HERMÉ PARIS」(ピエール・エルメ・パリ)
販売店 青山店ほか
価格 2,160円(税込)

コメントを残す

トラックバック URL

https://chocolatedays.net/chocolate/finechocolate/1500/trackback/

PAGE TOP