ジャンドゥーヤ好きには絶対オススメ!シルヴィオ・ベッソーネのジャンドゥイオット

シルヴィオ・ベッソーネ

生チョコのようにとろけるような食感のジャンドゥーヤ、とっても美味しいですよね。
これまたサロンデュショコラでの戦利品。
毎年欠かさず買うチョコリストに入っている、シルヴィオ・ベッソーネのジャンドゥイオットです。

 

こんにちは。チョコレート大好き、チョコレート愛好家のrinko(@chocolate_dys)です。
バレンタインが近づいてきているせいか、アクセスが上がっているのにまだあんまり記事がなくてすみません・・・。
ひとまず当サイトではルガックさんの記事とバレンタイン特集の記事が人気のようです。あわせて読んでね♡

 

 

シルヴィオ・ベッソーネについて

シルヴィオ・ベッソーネ氏は、イタリア・ピエモンテ州のショコラティエです。
数々の受賞歴を誇り、2001年に最優秀ヨーロッパチョコレート工房賞を受賞。2009年にはイタリアのプラリネコンテストで優勝しています。

カカオにこだわり、自ら生産地に赴き選び抜くなどこだわりをもってひとつずつ作られる希少なチョコレートが人気です。

 

カカオをチョコレートにするまでの行程も、自身の工房でひとつひとつ丁寧に行っており、大量生産が出来ないということで多店舗展開はしていません。
百貨店のバレンタインフェアやイタリアフェアでしか手に入らない貴重なチョコレートなんです。

ちなみに常設の販売店は新横浜ラントラクト1階「ブティック ラ メゾネ」にあるショッップのみとなります。

 

ワタクシ、新横浜はちょっとかなり遠いので東京に来るのを毎年楽しみにしています。
ジャンドゥーヤチョコレートは他にもいろいろ出しているお店はあるのですが、 シルヴィオ・ベッソーネのジャンドゥイオットは毎年どうしても買わなきゃ!と思ってしまうチョコレートのひとつです。

 

ちなみにプラリネとジャンドゥーヤの違いは?

そんなの知ってるよ!っていう方もいらっしゃるかもしれませんが、
個人的に「あれ?どっちがどうだったっけ??」と思ってしまうこの二つの素材をおさらいしてみます。

 

プラリネ:焙煎したヘーゼルナッツやアーモンドに加熱した砂糖を和えてカラメル化(カラメリゼ)したもの
ジャンドゥーヤ:焙煎したヘーゼルナッツやアーモンドのペーストとチョコレートを混ぜたもの

 

となります(←Wikipedia調べ)。なるほどφ(`д´)メモメモ…
あくまで広義での意味なので、実際はボンボンショコラのセンターとしてはプラリネもジャンドゥーヤも同じような感じで扱われているような気もしますがどうなんでしょう??
フランスだとプラリネ=イタリアではジャンドゥーヤみたいな感じなのかしら。

 

シルヴィオ・ベッソーネのジャンドゥイオット

シルヴィオ・ベッソーネ

 

ジャンドゥイオットは1800年代ナポレオン帝政時代の制約でカカオが不足したため、それを補おうとピエモンテ州・ランゲ地方のヘーゼルナッツをチョコレートの中に混ぜ合わせ作られた、イタリア・トリノ発祥の伝統的な名菓です。

 

また、ジャンドゥイオットというのは、ピエモンテに伝わる仮面劇の登場人物ジャンドゥーヤが被っている三角帽子のことだそうです。
カファレルのジャンドゥーヤ缶に描かれているキャラクターと言えば、見たことある方もいるかもしれませんね。

 

 

ジャンドゥーヤの三角帽子を象徴とする三角形に作られているジャンドゥーヤチョコレート。
イタリアのお土産としても有名なので、一度は貰ったことがある方も多いのではないでしょうか。

 

それでは一つ一つ食べてみましょう〜!

 

ジャンドゥイオット クラシコ

シルヴィオ・ベッソーネ

 

ヘーゼルナッツ35%の伝統的なレシピで作られています。
色はこれが一番薄いかな。
とってもなめらかな口溶けで豊かなヘーゼルナッツの風味が楽しめます。

 

ジャンドゥイオット リピエノ 

シルヴィオ・ベッソーネ

 

60%ものヘーゼルナッツを使用したジャンドゥイオットを、ミルクチョコレートでコーティング。
ヘーゼルナッツが60%も入ってるので、センターに入ってるジャンドゥイオットがとっても柔らかいですが、コーティングのミルクチョコレートもわりと柔らかい食感なので一体感があります。

 

ジャンドゥイオット ネロ

シルヴィオ・ベッソーネ

 

ミルクを使わずに作ったビタータイプのジャンドゥイオット。
香ばしいカカオの香りが強く感じられます。甘さ控えめなのが好きな方にもオススメ。

 

まとめ

シルヴィオ・ベッソーネのジャンドゥイオットはやっぱり今年も安定の美味しさでした!また来年も楽しみにしてます。
3粒入りのパッケージはお手頃価格。ライトなプレゼントにもオススメですよ。

 

商品情報

商品名 シルヴィオ・ベッソーネ ジャンドゥイオット
メーカー SILVIO BESSONE(シルヴィオ・ベッソーネ)
輸入元 シイ・アイ・オージャパン
販売店 ブティック ラ メゾネ百貨店のバレンタインフェアやイタリアフェアなど
価格 864円(税込)
内容量 3個入り
購入場所 サロン・デュ・ショコラ 2015
【公式サイト】
ホーム – Silvio Bessone

 

コメントを残す

トラックバック URL

https://chocolatedays.net/chocolate/finechocolate/322/trackback/

PAGE TOP